ボトックスが全身にもたらす効果【筋肉の発達を阻害する働き】

看護師

切らずに解消できる

ボトックス効果により肌の悩みを短期間で取除く事ができます。ボトックス治療は美容外科等で受ける事ができますが、信頼できる医療機関を選ぶ事が必要です。実績のある医師が在籍していて、品質の良い薬剤を使用しているのが優良な医療機関である条件です。

詳しく見る

注射

汗の悩みを解消

ボトックス注射は汗の分泌を抑える効果があり、多汗症の治療にも用いられています。注射器でボツリヌス製剤を注入するだけの簡単な施術法です。メスを使わない治療なので傷跡が残る心配がない、施術後の痛みなどを気にしなくて良いというメリットがあります。

詳しく見る

顔に触れる女性

意外と安いボトックス

おおよそ1回の注射に必要な金額は5万円前後ですが、使用するメーカーや薬剤が異なれば料金も多少は前後します。ボトックス効果はシワ取りや小顔になれるなど様々あり、20代〜30代のうちからはじめておいて損はない美容ケアのひとつです。

詳しく見る

注射

顔のシワを治せる治療法

美容対策として効果の高いボトックスは、適切な手続きをすればすぐに利用できるため人気があります。施術を受けるためには最初にカウンセリングを受けて、それから支払いをすればよく手続きが終われば治療ができます。

詳しく見る

脚やせを注射で叶える

女性

筋肉を弱めてほっそり脚に

人形のように真っ直ぐすらりとした足に憧れる女性は多いです。しかし、日頃から運動している人はもとより、仕事で長時間立っていたり歩いていたりして、ふくらはぎの筋肉が発達してしまうことはしばしばあります。そこでボトックスをふくらはぎに注射する脚やせ施術が、美容医療で考案されました。ボックスには筋肉の発達を阻害する働きがあるだけでなく、既に張っているふくらはぎの筋肉を弱めることが可能です。もちろんふくらはぎの筋肉は日常生活において大切な組織なので、歩くときに影響を及ぼさないように配慮されています。海外の女性アイドルグループなどが、ダンスするにも関わらずすらりとした足をキープしているのは、このボトックス効果のおかげだと言われています。ただし、効果が期待できるのは表層筋である腓腹筋に対してで、深層筋であるヒラメ筋には期待できません。それから、注射後2週間から1ヶ月ほどは違和感があり運動能力が落ちるので、運動したい人は注意が必要です。その後疲れやすい可能性はありますが、運動能力は徐々に回復するのが一般的です。しかし、激しい運動を日頃からしていると、ボトックスの効果が実感できない場合もあります。医師と生活習慣などを相談した上で、施術を決めると安心です。ボトックスがなぜふくらはぎの筋肉を弱めるかというと、原料となるボツリヌス菌が神経毒の一種だからです。人には様々な神経伝達物質がありますが、筋肉を収縮させたり発汗させたりするのが、アセチルコリンという物質です。筋肉を発達させたくない、あるいは弱めたい部分にボトックスを注入することで、アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合されるのを防ぎます。これによって筋肉が収縮されなくなるので、結果的に筋肉が弱まるのです。ボトックスの注射にかかる時間は5分から10分程度で、痛みに弱い場合は局所麻酔が使用されます。施術当日のシャワーは可能ですが、ボトックスは熱に弱いため、入浴やサウナなどは避けた方が妥当かもしれません。そして効果が現れ始めるのはおよそ1週間後ですが、2週間ほど経つと細くなってきたのに気づき、1ヶ月から2ヶ月ほど経って実感すると言う人が多いです。さらに効果が継続するのは4から6カ月が目安となっており、効果が弱まってきたと感じる3から6ヵ月後に再注射するのが理想です。注射の頻度は高ければ良いというものではなく、最低でも3ヶ月は感覚を開けます。ふくらはぎボトックスは1度行うと効果が残りやすい傾向にあり、また5、6回注射すると半永久的な効果が得られるとされています。