汗の悩みを解消|ボトックスが全身にもたらす効果【筋肉の発達を阻害する働き】

ボトックスが全身にもたらす効果【筋肉の発達を阻害する働き】

汗の悩みを解消

注射

多汗症治療にも有効

ボトックス注射はボツリヌス菌という菌から作られたボツリヌス薬剤を、注射器を使い筋肉部分に注入する治療法です。美容外科クリニックなど美容系の医療機関では、シワの解消や顔を小さくするためのプチ整形として、この治療法が行われています。またシワを解消する、顔を小さくするといった美容効果以外にも、汗の分泌を抑えるという効果もボトックス注射で得られる働きです。ボツリヌス製剤は抹消神経から汗腺へ、「汗を出せ」という指令が伝わらないようにする働きがあり、通常よりも汗の分泌を抑制します。特に汗の量が気になる脇に施術を行う人が多く、汗じみの抑制や汗による体臭を軽減するなどの効果を、この治療法で得ることが可能です。汗が出る汗腺自体を取り除く治療ではないので、半永久的に作用が続くということはありませんが、平均して約1年程度は汗の量を抑えられます。施術箇所は脇だけでなく手の平も有効で、緊張すると汗の量が増えてしまう多汗症の治療としても、ボトックス注射は非常に効果的です。多汗症に悩んでいる人は多く仕事や日常生活も、汗の量が多いことで上手くいかないというケースもあるようです。人より汗の分泌量が多いと感じている、また汗の量がコンプレックスだという人は、ボトックス注射での治療を検討してみてはいかがでしょう。緊張すると大量の汗をかいてしまい、ペンも握ることができない・だらだらと汗が出続けて恥ずかしい・・といった、悩みを抱えている人も少なくありません。通常よりも汗の分泌量が多くなり、私生活にも支障を感じるという場合は「多汗症」という疾患を疑ってみましょう。多汗症が起こる原因はまだ、はっきりと分かっていないものの交感神経が過剰に働くことで、汗の量が増えると考えられています。自分の意思では汗を止めることができないので、悩む人が多い多汗症ですが今は「ボトックス注射」という治療で、解消することができるようになりました。ボトックス注射は汗の分泌を抑える効果を持つ、ボツリヌス製剤を注射器を使ってピンポイントに注入するという治療法です。他にも多汗症の治療法はいくつかありますが、ボトックス注射はメリットが多いということから人気を集めています。汗の量を減らすには汗腺という、汗が出る組織を取り除く手術法もありますが、手術となると傷跡が残るなどのリスクがあります。また、メスを使う手術となるので施術後、腫れや痛みといった症状も強く出てしまい、日常生活に戻るまでに時間がかかるようです。一方、ボトックス注射の場合は注射をするだけなので傷跡が残ることもなく、また施術後に腫れや痛みといった症状も気にする必要はありません。汗を抑える効果は優れており、さらに患者への負担が少ないということから、多汗症治療ではボトックス注射が多く選ばれています。